生米と水とめんつゆを鍋に突っ込んで煮るだけ雑炊【ワイルドズボラ飯】

自炊ってすげえ面倒くさい。

米炊くのさえ面倒臭い。

米研いで炊飯器にセットするのも面倒臭いし、米を炊いて待つ時間も待ちどおしい。

今食いたいんだよ!!!!って思う。たかが米ごときに30分も待ってられるか。

でも節約しないといけないから外食するわけにもいかないし、わざわざコンビニに行くのさえも面倒臭いしな。

そんな思いを抱えながら生きて要るズボラ人間です。

そういうズボラ人間からすると、「面倒くさくなさ」が味よりも重要。

味はそこそこでいい。食えればいい。端折れるところはなるべく端折りたい。

え、もう読んでるのさえめんどうくさい?じゃあレシピ晒します。

炊飯器なくてもできるよ。

スポンサーリンク

基本のワイルドズボラ雑炊

材料:生米 めんつゆ 水

1、生米を研がず洗わず食べたい分だけ小鍋に入れる

2、水を米の4倍くらい入れる。(水が多ければ多いほど鍋底に焦げ付くリスクが下がるので不安なら多めに)

3、めんつゆ好きなだけ入れて蓋をして火にかける。最初は中火、焦げ付かないために沸騰したら弱火に。

4、米が柔らかくなったら完成。

はい、終了。

節約しないといけないズボラのための最低限の基本レシピですが、もうちょっと手を加えられるよ、って人は、醤油回しかけたり、ごま油入れたり、ネギとかノリ散らしたり、溶き卵回しかけたりアレンジ自在で、もうちょい本格的な味になる。

米洗う必要ないし、炊飯器洗う必要ないし、鍋一つで終了。米炊くよりずっと早く終わる。

え、米研がなくていいの?って思うかもしれないけど米なんか、別に洗わなくったって死にません。

現代のコメは、きちんと精米されているので、ぬかとかついていないし、綺麗になってますよ。

リゾットなど、米はあえて洗わないというレシピがあるくらい。

もし雑菌がついていたとしてもそもそもお湯のなかで沸騰させてるんだから死滅しています。

なかなかワイルドなズボラ飯ですが、すげえズボラな人、おためしあれ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク