白髪混じり女は悲壮感漂わせてることに気づくべき

Pocket

美人にみせたいなら白髪は徹底的に隠しましょう。

どんなにかわいくても美人でも白髪がちょろっと生えてると哀れな悲壮感漂う女になり下がります。

スポンサーリンク

少なくても白髪は目立つ

どんなに身だしなみをととのえても、顔立ちが美しくても白髪がちょろっと生えてるとブスっぽくみえます。

白髪、1本2本だし少ない本数だからわざわざ隠さなくていいよねと思ってるかもしれないけど、その数本の白髪はあなたが思っている以上にめちゃくちゃ目立ってます。

白髪って他の毛の色とも違うし、毛の質も異なるから、なじまず白く浮いて見えるんですね。

だからあなたが思っているよりも白髪って目に入りやすい。

髪は全部同じ色であることがスタンダード。いくら白髪が生えはじめていてもおかしくない年齢であったとしても、白髪がちょろっと顔を出していると「手入れ」してないというか「小汚い」感が一気に漂う。

他の人はわざわざ口には出さないけど(出せないけど)、「あ、白髪ある」って思ってます。

どうでもいい相手なら「白髪だ、ふーん」くらいにしか思わないけど、「この子いいかも」くらいに思ってくれている男性があなたの白髪を見つけちゃうと、案外印象に残っちゃったりする。

全部が白髪なら、それはそれでもはやカッコいいんだけど、黒髪にところどころ混じる白髪は思っている以上に老けて見えるし、みっともない悲壮感のあるみじめな女オーラを漂わせます。

小汚い白髪は一気にあなたをブスにみせます。

白髪は徹底的に隠そう

私だって若白髪持ち。

小学5年生から白髪が生え始め、高校入学の時には白髪染めを開始していました。

結構面倒臭いんですよね。白髪を隠すのって。ちょっとくらい白髪出てもいいかって思う気持ちもわかるんですよ。

でも、白髪はあなたが思っている以上にブスオーラを漂わせるので注意しましょう。

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク