手っ取り早くモテたい女子はとりあえず白をベースに服を揃えるべし!

ファッションセンスないしなにしたらいいかわかんないけどとりあえずモテたい!ちやほやされたい!という方、いますぐクローゼットの中を確認してください。

どんな色で構成されていますか?黒、グレー、茶色…そんな暗い色ばかり、と言う方、ちやほやされてモテたいという願望をもつ女子としては実はとっても損してます。

おしゃれで自分の魅せ方をわかっている人はともかくモテたいけど何着ていいかよくわかんないわ、という方は白をベースに服を揃えましょう。

スポンサーリンク

白のメリット

白は清純、清潔感を表す色。男女問わず、「清潔感」のある異性は魅力的なものですね。そのため白というチョイスは品良く美人に見せたい場合には最適なんです。

また白は光を反射させる色でもあります。写真撮影につかうレフ板も白ですよね。白はほかの色に比べてくすみを飛ばしてパッと華やかに見せることができます。

純白が似合わない…という方は少し黄色味かかったアイボリーでもOK。

とにかく白っぽい色であれば好印象を与えることができますよ。

自分の魅せ方をわかっているひとならともかく、白はモテたいけど何着ていいかわかんないってひとにはうってつけの色なんです。

暗い色だと印象も暗い

黒やグレーなどの暗い色は何にでも合わせやすく抵抗なく着れるから、となんとなく選んでしまいがち。

結構多くの人が黒をベースにコーディネートをしていますね

わかりますよ、気持ち。巷でも黒やらグレーやら着ている人がとても多いですからね。

しかし、黒って難しい色。無難なようで日本人にとっては似合っていない人が多いんです。

黒を顔の近くにもっていくとなんだか印象も暗くなります。いくら美人でもパッと華やぐオーラがなくなってしまいます。なんだか老けて見えてしまうし。

汚れが目立たないから黒を選ぶという人も多いかもしれません。黒い服は安物でも値段以上に高く見えるから、というコスパ思考で選んでいる人も多いかも。

しかし黒は洗濯により色褪せのしやすい色色褪せた黒はかなり貧乏くさいです

また、黒は埃や毛玉、ゴミが目立ちやすい。案外手間がかかるものなんです。

華やかオーラを奪い顔色悪く見える上に、色褪せするから買い替え必須だし、メンテナンスはこまめにしないといけない。それでも黒を着続けたいですか?

どこに白をもってくるべき?

服は白が最強!ということをお伝えしましたが、具体的にどこに白を置くのがもっとも効果的なのでしょうか。

正解は上半身です。

顔の近くに白をおきましょう。

白のカーディガン、白のコート、白のワンピースなど。

上半身は一番先に見られる場所ですからね。

新しく服を買うなら白をベースに

街中やショーウィンドーは黒、グレー、茶色…とくに秋や冬になるとみんなこぞって暗い色を着ていますよね。

コスパよくモテたいなら、かわいくいたいならそんな流行追わなくて結構です!

流行や周りに合わせるよりも明るい色を身にまとうほうが確実にモテます。ちやほやされます。

ファッションセンスに自信がない…という方は無地の白のワンピースが良いでしょう。ワンピースは一枚でコーディネートが完成しますから。

黒は合わせやすいと思われがちですが、白は万能カラーなので基本的にはどんな色にもマッチします。ベースカラーとしてはもってこいの色なんですよ。

クローゼットの中身が暗い色だらけの方。白をベースに構成されたクローゼットにシフトチェンジしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク