暇で金もないなら電車やバスを使わずに歩く「ついでウォーキング」を趣味にすると節約になるし健康になるし捗るよ

Pocket

暇でお金もないなら、とりあえずウォーキングがおすすめ。

「ウォーキング」っていうと堅苦しく聞こえるけど要するにとりあえず歩いとけばいい。

私は面倒臭がり屋なんですが、日常に溶け込む形の「ついでにウォーキング」というスタイルならなんだかんだ続いてるので、ズボラにもやりやすいのかなと思います。

スポンサーリンク

ついでウォーキングとは?

「ついでウォーキング」は普段、車や電車やバスに乗っている区間を普段着で歩くこと。

とにかく、目的地にはいかないといけない!という義務感から続けやすいですし、交通費が浮く上に、健康的な感じがするのでお得です。

普通の洋服で歩くので、揃えないといけないものもないですし、持ち物も特にないです。

電車からみる景色と実際に歩く景色って違くて、ちょっぴりおもしろい。

ちなみに私は3kmくらいなら迷わず歩いちゃいますね。

帰りもだいたい歩きますが、少しでもダルいなあと思ったら、公共交通機関を使ってください。

ストイックにせずに「ゆる〜く」するのが続けるコツです。

方向音痴の私は13kmの道のりも歩くけれど、初めての道でもスマホのグーグルマップのアプリを使えば道に迷うことはないです。

ついでウォーキングをしてよかったこと

節約になる

電車やバスの代わりに歩いてるので、交通費が浮きます。

片道230円でも往復したら460円。2日間使ったら920円ですからね。

「ついでウォーキング」を始めてから、交通費がもったいなく感じはじめた、というのもズボラなのに「ついでウォーキング」が続いている理由の一つです 笑

ついでウォーキングしたらわざわざスポーツジムに通う必要がなくなったのでスポーツジムの会費分も浮きました。

わざわざマシンを使わなくても無料でもっと楽しく歩けますからね。

暇つぶしになる

歩くと時間が潰れるので暇つぶしになりました。

暇だと暇をつぶすためにお金使っちゃうんですよね。

でもその暇な時間を歩くのに費やすと、健康的だし、お金もかからない。

「ああこんなところにこんなお店があったんだあ」とかおもしろい発見があったり、風景も楽しめる。

「歩く」をはじめると、家と職場、家と学校の往復だけの日々じゃなくなるんですよね。

思わぬ出会いもあったりするんですよ。

無趣味の人にはもってこいです。

運動になるのでストレス発散になった

「歩く」だけですが、なかなか良い運動になります。

「肩こり」とかって結構運動不足から来ることが多い。

暇だとパソコンやらスマホやらをいじったりしちゃうから、目を疲れさせて余計肩こりも増してしまう。

でもついでウォーキングした日は、いい運動になるので肩こりに悩まされることがなくなりました。

マッサージいらず。

あと遠くをみる機会が多くなるから目の疲れも和らぐんですね。

ウォーキング後は心地よい疲れがあるので、頭の切り替えができて集中力が上がったことと、ぐっすり眠れるようになった気がします。

ついでウォーキングを続けるコツ

とりあえず今あるスニーカーをつかう

もちろんウォーキング用のスニーカーがあるならそれに越したことないけれど、ズボラ的には買いに行くのがめんどくさくて断念しちゃったりする。

だから、とりあえず始めるならいま家にあるスニーカーで良いです。

普段なら電車やバスをつかってしまうところの代わりに歩く

上記でも述べましたが、とにかく、目的地にはいかないといけない!という義務感から続けやすいですし、交通費が浮くというメリットがあることから続けやすいです。

服装は普段着でOK

「電車やバスをつかってしまうところの代わりに歩く」と書きましたが、着替えは?服装はどうするの?などの疑問がわくことでしょう。

私は着替えは持って行かず、普段着で歩きます。

友人と待ち合わせがあるなら、その服装でウォーキングをして待ち合わせ場所まで行きます。

大学生なら普段着ている洋服のまま、ウォーキングして大学に行き、その服装のまま過ごす、ということです。

スニーカーはなんのコーディネートにも合います。もちろんスカートもOKです。

私はデートのときは、ワンピースにニューバランスのスニーカーを合わせてウォーキングして待ち合わせ場所まで行きます。

むしろスニーカー履いた女性が好き!という男性も多いですし、結構コーディネートにもマッチしやすいのでオススメです。

持ち物はなるべく少なく

ついでウォーキング中は、持ち物はなるべく無くした方が快適です。

荷物があると、それだけで「ダルい」って感じちゃいますからね。

ちなみに私はカバンさえも持たず、手ブラです。

どうしても持って行かないといけないものはポケットの中にしまいます。

女性の場合は、荷物が多くなりがちで、手ぶらなんか無理〜て思うかもしれません。

でも女性は「もしも」のためになんでもかんでもカバンに物を入れたがりますが、本当に必要なものってそんなにないんですよね。

私はたとえデートでも口紅と手鏡と財布と携帯電話と鍵しか持ち歩きません。

さあ!ついでウォーキングをはじめよう!

とりあえず揃えるものなにもないし、お金かからないし、デメリットなにもないですから、ついでウォーキング、気軽にはじめてみてくださいね。

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク