【節約】小麦粉と塩だけでかんたん時短の手打ちうどん【パーティーにも】

スポンサーリンク

コスパ最強でうどん屋よりも美味いうどんを作ろう

「手打ちうどん」って聞くとなんだか高尚な感じがするけど実は自宅で簡単に作れます。

しかも

全行程で30分かかりません

特別な器具もいりません。

材料は小麦粉と塩のみ。コスパ最強。節約中のあなたにも!

なのにその辺のうどんやさんのうどんよりもコシがあっておいしい。

メリットだらけですね。

海外在住で日本食が恋しいという人にもおすすめ。どこでも手に入る材料ですからね。

みんなで手打ちうどんパーティーとかも楽しいかも。

ぜひお試しください。

手打ちうどんの材料(1人分)

・小麦粉(強力粉でも薄力粉でもOK) 100g+打ち粉として適量

・塩   ふたつまみ

・水   大さじ4〜

用意するもの

・綿棒

(私は持っていないので使用中の箱から取り出したラップを使ってます。使用後は汚れたところだけラップを切っちゃえばまた普通のラップとして活用できます。)

作り方

1.小麦粉をボールに入れて塩ふたつまみを混ぜ合わせる

2.1のボールにちょっとずつ水を入れて混ぜる。最初はボロボロしているけどひとつにまとまります。足りないようなら水をちょっとずつ追加。

3.まとまったら打ち粉をした大きめのまな板の上にのせこねる。耳たぶくらいの硬さが目安。☆水を入れすぎてべちょべちょな場合は打ち粉を多めにするとちゃんとまとまりますよ。

(ここでコシが決まるみたいだけど、私の場合はコネ時間は5分未満。がんばりすぎなくても結構コシのあるうどんになりますよ。)

4.コネ終わったらラップでつつみ冷蔵庫で10分休ませる。

5.打ち粉をしたまな板の上に生地をのせ、綿棒(またはラップの芯)でお好みの薄さまでのばす(私は3mm)

6.伸ばした生地を三つ折りにしてお好みの幅に切る(茹でると膨れるのでなるべく細めがおすすめ)

7.多めのお湯で10〜12分ほど茹で、茹で終わったら冷水で締めて完成。ざるうどんでもかけうどんでもお好みの食べ方で!

冷凍保存も可能

茹でる前の麺にくっつき防止で多めに粉をふってラップで小分けをすれば冷凍保存も可能です。

多めに作って保存しておけば便利ですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク