【腹黒テク】外国に行くなら最低限この3つのフレーズだけ覚えとけ!抜群に印象よくなるぞ!【時間対効果最強】

Pocket

私は英語圏、非英語圏問わず、散々ひとり旅をしてきましたが、覚えるのは3つのフレーズだけです。

この3つのフレーズが言えれば現地の人の印象が良いし、サバイブできます

そんなちょっぴり腹黒い?知識をご紹介

スポンサーリンク

現地の言葉は話せた方が楽しいけど話せなくても旅はできる

私はひとり旅歴が長く国内だけでなく海外も色々な国に訪れました。

よく海外に行ってきましたって行うと、ああ、英語ペラペラなんだね〜とか言われるけれど全くそんなことはありません。

別に英語も中学・高校時代にぼーっと授業を受けていたレベルであって特別勉強したわけではないし、得意でもないです。

しかも世界は英語圏以外の国の方が多いです

日本人みんなが英語を話せるわけではないように、外国人もみんなが英語を話すわけではないです。現地の言葉しか話せません、って人の方が圧倒的に多い。

たとえば英語を話す人口が多いといわれるインドでさえも私が旅をしたときは英語をカタコトで喋れる人は20人に一人くらいでした。

よく、現地の言葉を喋れないと旅できないと思われがちですが、そんなことないですよ

英語もその他外国語もあまり喋ることができなかった私ですが、女ひとり旅でもサバイブできました。そして現在フランス語圏にいます。全くフランス語喋れないんですけど 笑

とはいえ現地の言葉を話した方が印象は良い

別に現地の言葉を喋れなくても旅はできる、といいましたが、でもやっぱりその国の言語を話せた方が圧倒的に楽しいことは確かです

現地で得られる情報量も全く違うし、現地の人とコミュニケーションできるし、トラブルにも巻き込まれにくい。印象も良いですね。

ということで、海外を旅するなら、現地の言葉を喋れたことに越したことはないです。

最低限この3つのフレーズは現地の言葉で覚えておくべし

でも現地の言葉を習得するのはなかなか難しいし、私もできていないです。でもひとり旅してわかったのは最低この3つのフレーズだけ現地の言葉でおさえておけばなんとかなる!ということ。

イギリスやアメリカなどの英語圏では英語で。

英語圏以外ならその国の言語で覚えてください。タイに行くならタイ語で、中国に行くなら中国語でね。

その3つのフレーズとは

こんにちは

ありがとう

いくらですか

…です。

解説していきます。

「こんにちは」

だいたいお店や観光ツアーなどで現地の人とコミュニケーションを図るとき、第一声はあいさつですよね。

いくらそのひとが英語が話せたり、日本語が話せたとしても必ず挨拶は現地の言葉でしてください。これ重要。

第一声が現地語であると印象が全然ちがいます。

日本にやってきた外国人が「HELLO」って挨拶してくるよりもカタコトでも「コンニチハ」と声をかけてきた方が気持ちいいでしょ。

なんかきちんと相手の文化をリスペクトしている感じが伝わるんですね。

郷に入っては郷に従え、です。

第一声で第一印象は決まりますよ。現地語がしゃべれなくても、第一声が現地語ならその文化を尊敬し、とけ込もうとしている感じを与えることができます。

「ありがとう」

感謝を伝える時は現地語の方が心にしみます。たとえどんなに下手なアクセントでもカタコトであってもね。

腹黒いことをいうと、たとえ「ありがとう」のワンフレーズであっても、このカタコト感が言葉を話せないけれども一生懸命勉強して発音しようとして、感謝を伝えようとしているような印象を与えるので、心をくすぐります 笑

外国人俳優が来日した際の舞台挨拶の時とか、日本語喋れないけれど最後だけ「アリガト〜」って締めくくるとなんだか良い印象を受けますよね。

「いくらですか」

これは印象アップというよりは、無駄にボッタクられないための知恵です 笑

インドなど、行く国によっては、値段の表記がないお店って結構多くて、これいくらなんだろう…って不安になったり、お会計の時点でめちゃめちゃ高い値段を請求されてトラブルになったりしないために恥ずかしがらず見栄を張らず値段は事前に聞いておいた方が良いです。

英語圏以外の場所ではみんなが英語を話すわけではないし、観光客の多い地域はともかく、特に地方へ行くと「How much」といったところで通じない。

なので外国でヒヤヒヤしないためにも現地語で言えるようにしておきましょう。

この3つのフレーズだけならすぐ覚えられますよね。

もちろん現地の言葉は喋れれば喋れるだけ楽しいです。

でもちょっぴり腹黒いですが、この3つのフレーズは覚える時間がかからない割に効率よく印象アップできるし、トラブルを回避できるので覚えておいて損はないので最低限頭に入れておきましょう。


1日6分!聞くだけで英語が話せる【ネイティブイングリッシュ】

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク