モテたいなら自虐ネタはやめる

つい癖で自虐しちゃう人って多いですが、やめた方がいいですよ。特にモテたいならね。

スポンサーリンク

自虐をすることは自分自身にケチをつけてるのと一緒

わざわざ言われなければわからないことなのに、自虐すると余計アラが目立ちます。

たとえばあなたがブスでウケ狙いに徹しようとして、「私鼻の穴が大きくってさーピーナッツ余裕で入るよ♪」なんて言ってしまうと、みんなあなたの鼻の穴の大きさに注目してしまいます。言われなければ他人から見るとあなたの弱点はわからないのに・・・。

人って変なレッテルみたいなものにすごく左右されやすいんですよ。

「俺ってブサイクで全然モテないから」って自分で言う人と付き合いたくないですよね。わざわざマイナス物件だとアピールしている家に住みたいとおもわないでしょ?

自分で自分のブランドにケチをつけているようなもんです。魅力的が半減します。

自虐は痛々しいし、相手を困らせる

自虐する本人は気づいてないけれど、他人から見ると自虐している人は痛痛しくみえます。たぶんコンプレックスを隠すために、最初から自分で自分の弱点わかってますよーだからもうそれ突かないでねーアピールしていることが、薄ら漏れているのがわかるからです。

あと、聞いている側もリアクション困ります。「もうババアだからさー」と言われると、相手はどう返していいのかわかりません。「〇〇さんはぜんぜんババアじゃないですよ!!」って返してもらいたいんでしょ?って思われます。なんかそう思われちゃうのってダサいですよね・・・。

たぶん、「ほんとにババアですよねーシミがいっぱいありますもんね♪」なんて同調した答えが帰ってきたら本当にブチぎれられるだろうから・・・。相手に気を使わせるの、よくない。

だったら自分で自分をババア呼ばわりせず、堂々と年齢に合うお洒落していた方が好印象だし、モテます。自分がババアだってわかってますよー私は勘違いババアではありませんよーアピールはいらないのです。

言霊っていいますけど、自分で自分をババアって言ったら本当にババアに見られますよ。本当にババアに見えてくるもんです。

褒められたときの謙遜もやめる

ちなみに褒められたときに謙遜のつもりで自虐をいうのもよくないです。「〇〇さんって美人だよねー」と言われたら、「えーそんなことないですよー」ではなく、素直に「ありがとうございます」と認めるのが正解です。

「でも太ってるからー」とか「ババアだからー」わざわざ自分を貶めるようなこと言う必要はないです。

褒められて素直に認めると自信満々だと思われる・・・みたいなの考えないでください。わざわざ相手が褒めてくれたのにそれを否定する方が印象悪いです。

褒められた後に「いやいや太ってるからー」とか「ババアだからー」とか他の弱点ポイントを晒されると、相手は「そうですね、たしかにデブですね!」なんて言えるわけもなく、「そんなことないですよー」といちいちフォローしないといけません。

だから褒められたらシンプルに「ありがとう。」でいいんです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク