ガッテン塗りで評判のプチプラクリーム4種を最後まで使い切った上で本音で比較してみる

Pocket

スポンサーリンク

ガッテン塗りでよく使われるプチプラクリームを比較してみる

ネットで一時期話題となった「ガッテン塗り」。

洗顔後に直接保湿クリームだけを塗るだけ、というシンプルな美容法

しかも多くのガッテン塗り愛好家が1缶500円前後で買えちゃうニベアの青缶で行なっている…という今まで美容に手間とコストをかけてきた人間からするとなんとも信じがたい美容法。

以前の記事でお伝えした通り、わたしはそのガッテン塗りを4年間続けていました。

【コスパ最強】ニベアのガッテン塗りの方法!化粧水、美容液はもういらない!?【時短】
コスパ最強!ガッテン塗りの方法 ガッテン塗りという美容法を、ご存知でしょうか。 あのNHKの人気番組「ためしてガッテン」...
コスメマニアだった私がニベアの青缶でガッテン塗りを4年間続けた結果
話題のガッテン塗りを4年間続けてみました 手間もコストもかからず美肌になれるとかつて話題になったガッテン塗り。 ガッテン塗り...

基本的には愛好者の多いニベアの青缶をメインで使っていましたが、

メンターム メディカルクリームGや

ワセリンや

ニベアソフト

…などなど他のクリームも使ってみました。全部空になるまで、最後まで使いつくしました。

ガッテン塗りを4年間続けてみた私が、これらのプチプラクリームを実際に空になるまで使ってみてわかったことを本音で書いていきたいと思います。

ニベア 青缶の本音レビュー

小さいものでも2万円弱の高級クリーム、ドゥ・ラ・メールのクリームに成分構成がとても近いと話題になったニベアの青缶。

ガッテン塗りをしている人の中で一番利用されているクリームです。

香りは、ほんのりとおばあちゃんのお粉みたいなかんじ。

強い香りではないし、私は好きですが、良い香りの化粧品を求めている方にはぜんぜん物足りません。ときめきはないです。

手に取るとかなりしっかり、コッテリなテクスチャー

事前に手のひらで薄く延ばしておかないと顔のところどころで白くムラになるくらいコッテリです。

伸びはよくなく、正直ベタベタする

つけて潤いとかは感じません。肌の内側は乾燥しているかもしれないけど、とりあえず表面に膜張ってるからこれ以上乾燥しないでしょ!みたいな。

まあガッテン塗りは、シンプルなスキンケアによって肌本来のチカラを引き出す美容法

だからニベアをつかってわあ!肌が明るくなったあ!とかは求めるべきではないですね。だから、よくも悪くも変化がないことは悪いことではないですね。

メンターム メディカルクリームGの本音レビュー

こちらは、定価は1500円らしいけど、よく500円前後の価格で販売されているプチプラクリーム。

ニベアよりも柔らかめのテクスチャ。

黄色いです。間違って洋服に垂らすと色がつきます 笑

匂いはdl-カンフルが配合されているため、「虫さされの薬」みたいなかんじです。化粧品の香りでときめきたい!という女子としてはがっかりな匂いです。トキメキ要素ありません。良い香りでは決してないんですけど、何日か使ってみたらなぜかクセになってしまいました 笑

「香りが消えるまでしっかりぬりこむ1分間のメディカルマッサージ」って大々的にパッケージに書いてあるけれど、摩擦で肌に負担をかけるマッサージはガッテン塗りの趣旨から外れるので行いません。

いつも通り手のひらに薄く延ばしてから顔にのせていきます。別に匂いは塗ってしまえばそこまできになりません。

ビタミンB2・B6・Eと、肌あれ防止成分のグリチルリチン酸ジカリウムなど、美容成分も配合されています。

ニベアの青缶はただ肌の上で蓋をするだけ!ってかんじだったけど、ニベアに比べれば、メディカルクリームGはちょっと肌が潤うような感じはする。でも、市販の化粧水とかには遠く及びませんけどね。

ベタベタ感はあるけど、ニベア青缶ほどではないです。

ワセリンの本音レビュー

ワセリンは肌を治療する効果は一切なく、肌の上に膜を張ることでそれ以上の乾燥を防ぐもの。赤ちゃんや子供のデリケートな肌にもOKで、皮膚科でも処方されたりもしますね。

これって余計な手を加えずにシンプルなケアで肌本来のチカラを引きだす…というガッテン塗りの趣旨にぴったり合致しているんですよね。

ニベア青缶はだいぶこってりなテクスチャーでしたがワセリンのこってり度はニベア青缶を大きく上回る。

そしてベタベタ度もさらに上回る!

手で本当にうす〜く伸ばしてから顔にペタペタしてあげます。

ワセリンは余分なものが配合されていないので香りなんてないです。無臭。ときめきなし。

ニベア青缶同様、潤った〜みたいなのないです。ベタベタするだけ。

そしてワセリン塗ったことで顔がテカテカになります。テカテカではなく、ツヤツヤである!と思えばこれはデメリットではないですね。私は嫌いじゃないです。

だってツヤがあった方がすっぴんの顔でもましに見えますからね。

正直言ってしまうとワセリンは他のクリームたちと比較すると、一番使用感が悪い!! 笑

でも医療現場でも使用されるくらい安全なものだから、敏感肌とか、アトピーの人とか、他のクリームが合わなかった人には良いと思います。

ニベア ソフトの本音レビュー

ニベアソフトは、この4種の中ではいちばん水っぽいテクスチャーですね。

クリームがぷるんぷるんしてます。

手のひらに伸ばしてみると…なかなか伸びが良いですね。

香りはニベアの青缶とそんなに変わらないです。お粉の香り。気のせいかもしれないけど、ニベアソフトの方が香りがややフツーの化粧品っぽい感じでちょっぴり良い香りがする気がする。

顔にペタペタしてみると…おお!ちょっと潤うかも?

使用感は他のクリームに比べると一番良いですね。よく伸びてなんか肌が吸っていく感じがする。この中では一番気持ちよく使えるなあって感じ。

最後まで使い切った上での私のオススメは…

はい、この上記4つのプチプラクリームをガッテン塗りで使い切りました。

私の肌を一番綺麗に変身させたクリームは…

とくにありません。どれもそんなに変わりませんでした。

別にどれを使ったところで最終的に特別肌が美しくなりました〜みたいなのありませんでした。

ユーザーが多いからって無理してニベアの青缶をつかうことはないですよ。高級クリームと原材料が似ていることで話題になったけど、元コスメマニアの私から言わせるとニベア青缶をつかっていて高級クリームっぽい使用感を感じなかったですし。まあ500円っていう値段相応のクリームですね、ってかんじ。ただ乾燥を防ぐだけってかんじ。

基礎化粧品にかかる値段を抑えたいけれど使用感もそこそこ良いものを、っていったら私はこの4つの中ではニベアソフトがおすすめですね。でもこれも特別すごい!!ってなる商品ではないですよ。この価格帯で使用感はまし、といったレベルですかね。

私は使用感はそんなに気にしないし、「肌本来のチカラを引き出す」というガッテン塗りの方法に共感して行なっているから、肌を甘やかす高機能の化粧品はいらない。だから値段の安いクリームを現在使っています。

でもいままでコスメにお金をかけてきた人はやっぱり使っていて気持ちよくなる化粧品が良い!ってなりますね。女の子だしちょっと香りも楽しみたい。もちもち肌に吸い付く感じを味わいたい…って気持ちもわかりますよ…

だからそういう人たちは無理してこれらのクリームを使わないでちょっぴり高めのオールインワンクリームみたいなやつを選んでガッテン塗りもいいんじゃないかな、とおもいます。

なので私の結論は…

ガッテン塗りをするなら好きなクリームを使ったら良い!!別に変わらないので特にプチプラクリームをオススメするわけではない!

…っていうかんじですね。

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク