マイボトル持参で節約しよう

以前は喉が渇くと、コンビニや自販機で飲み物を購入していましたが、現在私はマイボトル派です。

せっかく節約のために水筒買っても結局使わず家に放置する人も多いみたいですが、私はガンガン使ってます。

マイボトルにしてから飲み物代がかなり浮いたのでみなさんに是非お勧めしたいです。

スポンサーリンク

飲み物代だけで一年に6万円払っている

コンビニや自動販売機などでペットボトルのお茶を買うと一本およそ150円。喫茶店でコーヒー買ったら小さいサイズでもおよそ300円。

私は1ヶ月換算で私は飲み物代だけで5000円も消費していました。一年でおよそ6万円・・・。ただの飲み物に6万円は無駄だなと私はおもうので、水筒を持参することにしました。

その方がゴミが少なくてエコだしね。

何の飲み物をマイボトルに入れる?

お茶系

緑茶、紅茶、麦茶、カモミールティーなど何でもアリです。

私はティーパックのお茶を入れる時は、持ち手の紙の部分をハサミで切って、丸ごと水筒の中に入れています。

味が濃くなりすぎるのが嫌な人は熱々のお湯を水筒に入れて、ティーパックは別に持っていきましょう。ステンレスの水筒ならお湯が熱いままキープできるので、飲みたいときにティーバックを入れれば出来立てのお茶が楽しめます。

コーヒー系

自宅で作ったコーヒーをマイボトルに淹れて持ってくれば喫茶店でわざわざ並んでコーヒーを買う必要はありません。

コーヒーメーカーで淹れたコーヒーはおいしいけれど、ズボラな私は使った後のコーヒーメーカーを洗うのが面倒くさいので、インスタント派です。

もし淹れたてのコーヒーにこだわるのなら、熱々のお湯を水筒に淹れて持参して、インスタントコーヒーや、ドリップバックコーヒーを別に持っていって飲みたいときにその場で作ることも可能です。

眠気覚ましのためにコーヒーを飲む人は多いけれど外で買うと結構高いので、持参すると節約できます。チリも積もれば山となりますよ〜。

ジュース

ステンレス製のボトルには、酸が強いのでボトルの劣化の原因になるので入れることはできませんが、プラスティック製の水筒なら、ジュースを入れて持ち運びできます。

プラスティックのボトルでは冷たさをキープできないというデメリットはありますが、容器自体はステンレス製よりも軽いですし、毎日自販機でジュースを買うのがもったいないという人にはアリかもしれません。

白湯

私がマイボトルに入れる頻度が一番高いのがこれ、白湯です。つまりただのお湯。

私はズボラなので、水筒洗うのが面倒くさいと感じてしまうのですが、お湯ならそんなに神経質に洗う必要はなくなるかなーと思って(笑)

お湯なので当たり前ですが、匂いが残らないのもメリット。これ、特に持参した飲み物を飲み切ったときに、2杯めを入れる際、匂いが気にならないのは結構大事。

あと、お湯を沸かして水筒に入れるだけだから簡単なのでズボラでも続けやすいです。

また、私は個人的にお茶やコーヒーは歯に色が着色して黄色くなるので、なるべく白い歯をキープするために控えています。(好きだからお茶もコーヒーも飲みますが、飲んだ後は着色汚れを防ぐために速攻歯を磨いています。)

あとジュースも歯の着色汚れが気になるし、砂糖を摂取するのは虫歯の原因になるので、水筒にはいれていません。まあ普段カロリーをたくさんとっているのに、さらに水分でカロリーを摂取したくないですしね!!

ただの水だと味気ないのですが、お湯だと暖かくてほっとするし満足感が得られるのでお勧めです。

マイボトル飲み切ったら結局ペットボトル買わないといけなくなる問題について

しかし、マイボトル否定派はせっかく水筒に入れてきたのに、家から持ってきたのを全部飲み切ったら結局また自販機で飲み物を買わなくてはいけないじゃん!マイボトルなんて節約でもエコでもないじゃん!といいます。

ただ、マイボトルなら、たとえ追加で飲み物を買うことになっても、持ってきた分の最初の1本めは少なからず節約になるのは事実です。最初からなにも持ってこなくて、1本めを飲み切ってもう1本買うなら結局2本買うことになりますからね。

最初から飲みきらないほどの大きいマイボトルを選べば解決ですが、容量が大きくなるとその分ボトルも重くなるのがネック。

私は節約中なのでマイボトルで持参したのを飲み切ったら、水飲み場で水を入れるか、水飲み場がなければ水道の水を入れて飲んでます。

水飲み場の水って、べつに飲用に浄化されているわけじゃなく、ただの水道水を冷やしたバージョンなんです。つまり、どちらも同じクオリティーの水。だから、水飲み場の水だからといって、特別きれいなわけでも、美味しいわけでもないです。そもそも日本の水道の水は飲めますし。

冷たすぎる水は冷えるので水道水の温度の方がちょうど良いくらい。

水飲み場の水は飲めるのに水道水飲むのに抵抗あるというのはちょっとおかしな話なのです。温度が違うだけで全く同じ水なのだから!!

水飲み場の水を空のペットボトルに入れるのもありですが、ちょっと貧乏臭く見えるかも・・・と不安な人は、マイボトルに入れるのがおすすめ。

マイボトルに入れていると、あえてペットボトルのゴミを出さないために水飲み場の水をボトルに入れてるんですよ!感がでてエコでCOOLです(笑)

水筒に入れてはいけない!意外なNG飲み物

ジュースなどの果汁、酸が多い飲み物

ステンレス製のボトルの内側は酸や塩分に弱いです。そのため、ジュースやレモン入りの紅茶などはNG。また、意外とスポーツドリンクも塩分が含まれているので、水筒の腐食の原因になってしまいます。

これらの飲み物を持っていきたい場合は、プラスティック製のボトルに入れましょう。

味噌汁やスープ、昆布茶など塩分を含むもの

味噌汁やスープ、昆布茶など塩分を含むものを水筒に入れると、ボトルの内側のコーティングを劣化させ、錆びたり保温効果の減少を招きます。

熱々のスープを持っていきたい人は、スープ専用のスープジャーの中に入れるのがお勧めです。私も一個持っていますが、本当に熱々のままキープできるのでランチに持っていってます。

炭酸飲料、ドライアイス

容器内の圧力があがり、蓋が開かなくなったり、最悪の場合水筒ごと爆発するので、とても危険です。

飲み物を一気に冷やそうとしてマイボトルの中にドライアイスを入れるのは危ないのでやめましょう。

牛乳、乳飲料

意外ですが、牛乳や飲むヨーグルトなどはボトルに入れてはいけません。理由は腐りやすいから。きれいに洗ったつもりでも、洗い残しがあったりすると、食中毒の原因にもなってしまいます。

最悪の場合腐敗によるガスが原因で破裂することもあるみたいです。恐ろしい・・・。

コーヒーや紅茶に牛乳を加えてカフェオレやミルクティーにして持っていくのも、腐りやすくなるので基本的に避けた方がいいです。

続けるならマイボトルは軽いものを!

マイボトルを買ったはいいものの、残念ながらマイボトルをその後使わずに放置している人も多いです。せっかく節約のために水筒を買ったのに、使わないなら完全に無駄金です。

せっかくマイボトルを買ったのだから、無理なく続けたいですよね。

マイボトルを使わなくなる原因の一番の理由は持ち運ぶのが面倒くさいというもの。確かに長い通勤時間、重いボトルを運ぶのは拷問に近い・・・!

なので、マイボトルはとことん軽いものを選びましょう。水筒って重いイメージがあるかもしれませんが、心配ご無用!最近の水筒って軽いものはめちゃくちゃ軽い!

わたしがおすすめしたいのはタイガーのサハラマグ500mlです。ホワイトがシンプルで可愛い。

このボトル、めちゃくちゃ軽いです。そりゃ飲み物入れた分重くなりますが、ボトル自体は「無い」みたいに軽い。(それは大袈裟だけど)

何度か落としてしまって一部凹んでいるのですが、まだまだ現役です。白いと汚れが目立つかも?とおもっていましたが、素材的に全然汚れが残りません。

あと、タイガーのサハラマグの素晴らしいところは、洗うのが簡単なところ。マイボトルが続かない原因で、「洗うのが面倒くさい」はかなり上位に来ると思います。

水筒ってがちゃがちゃいろんなパーツがついていて、一回一回パッキン外して洗うの面倒くさかったのですが、サハラマグはシンプルなのでめっちゃ簡単です。

しかも丸洗いOK。

私は洗うの面倒くさいので、お湯ばかり入れて飲んでます。お湯だったら匂いつかないしちゃちゃっと洗えば完了なのでズボラでも一応続けられてます。

オススメしないマイボトルはコレ!

私、以前マイボトル買って失敗してるんですよ。やっぱり持つなら素敵なマイボトルがいい・・・!とデザイン重視で選んだんですね。

一時期流行って、いろんな雑貨屋さんに並ばれてたこのS’wellのボトルを買ったんです。ニューヨーク生まれのお洒落なやつ。

いやーこれは失敗。だってボトルがすごく重いんだもの。これに飲み物いれたらもう「ボーリングのピンかな?」みたいな気持ちになるくらい重い!!

あと、部品はシンプルだけれど、飲み口が狭くて洗いにくいです・・・。内側がきれいになったか目視し辛いんですね。やっぱり使い続けるなら機能面も大事です。

しかしデザインはかっこいいから、ズボラではない人や、車通勤の人にはいいかもしれません。

マイボトルで節約しよう!

マイボトルはちょっと手間だけれど、節約効果は大きいです。あとエコです。

塵も積もれば山となるので、コツコツ続けていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク