炭酸飲料は氷をいれることでやっと飲み物として成立する

Pocket

大変面倒臭がり屋の私はもちろん、家で炭酸を飲む時は2ℓパックでもペットボトル直飲み。

でもそんな私に毎回ちょっと手間をかけてグラスに注いで氷を入れてみてもいいかな、と思わせてくれたバーテンダーがいる。

スポンサーリンク

わざわざ氷いれるのめんどうくさい

大学生時代は、面倒臭がり屋なので、コーラなんてペットボトルからダイレクトに飲むことはもちろん、焼酎さえも氷を入れずそのままストレートで飲んでいました。

だって飲み物をわざわざグラスに注ぎ、わざわざ毎回氷を入れるなんて、面倒臭すぎだって思うから。

そもそも氷を作るのも氷を取り出すのも面倒臭いし、氷といえどもただの水を固めたもんなんだから、わざわざ買ってまで用意するほど重要なもんじゃないでしょ。

むしろファーストフード店のコスト削減氷でかさ増しコーラのせいで氷に対するイメージが悪いというのもある。

氷を入れてジュースをたっぷり入ってるように見せるなんてケチくさいし別に冷蔵庫からだしてすぐ飲めば氷入れなくとも冷たいし、むしろ氷入れるとすぐに薄まって不味くなるんじゃい!

みたいな怒りもあって用意するほどのもんじゃないわよね、って思ってたわけ。

氷をいれることでようやく飲み物として成立する

ある日ところがある日、友人のバーテンダー彼が言った。

「炭酸ドリンクは氷を入れてはじめて飲み物として成立する」と。

なんかフレーズがちょっとかっこいい 笑

理由はこんなかんじ

・市販の炭酸飲料は甘ったるく濃すぎるので氷を投入し若干薄めるべき(特にコーラ)

・氷を入れることで適度に炭酸が飛んで美味しくなる

・炭酸は冷たさが命。冷蔵庫にいれるだけよりも氷を入れた方が冷たさをキープできる

…らしい。

そして氷が溶けたら水っぽくなってしまうという問題は、そもそもドリンクをそんなに放置すべきではない!20分以内に飲め!ってことらしいぞ 笑

まあたしかに、氷入れなくっても長時間放置してた飲み物ってぬるくなって不味くなるしな。

とはいえペットボトルから飲んでもグラスに注いでもコーラはコーラなんだから味変わらないだろwって思ってたんだけど、ところが実際意識して飲んでみると違うんですよ。

なんか美味しく感じるんです。なんだろ、ペットボトルから直で飲むとすごい炭酸がきついんだけど、グラスに注いで氷を入れるとグラス注いだ瞬間パチパチってなって適度に炭酸が抜ける。

それにグラスの口径ってペットボトルよりも広いから、香りも楽しめる。

そして甘ったるいコカコーラだけれど氷で若干薄まるから本当に程よい味になる。

私はハイパーズボラなので、毎回コーラ飲むたびにグラス用意して氷を入れます!とは言い切れないんだけど、まあいい感じになるので気が向いたらまたやってみようとは思う。

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク