ネギは刻んで冷凍保存しとくとパッと使えて捗る!いつも冷蔵庫の奥でしなびさせちゃう奴ら覚えとけ!

ちょっとした薬味としてネギは日本人の食卓には必須。

でもネギ買っても必要なのって毎回ちょっとだから、結局使いきれなくていつのまにか冷蔵庫の中でしなびさせてしまう…なんていうのは一人暮らしあるある。

そんな勿体無いことしているやつらに告ぐ。

ネギは刻んで冷凍しておけ!!捗るぞ!!

ちょっとネギ欲しいけどまな板と包丁出して洗うのめんどくせーーー!ってなる時、チャーハンとか味噌汁、鍋の具などに解凍不要でパッと放り込むだけ使える。

しかも長期保存が可能。気軽に栄養もとれるしいいことづくめですね。

スポンサーリンク

冷凍ネギの作り方

1、水気をしっかりとったネギを好きな大きさに切る(薬味なら刻んだら便利だし、スープとか鍋用なら斜めに大きく切る)

2、ジップロックとかタッパーに入れ、冷凍庫につっこむ

以上です。簡単でしょ。

余力のある方は、冷凍庫にいれて1時間後、ジップロックの上から軽くもんでみると、ネギがくっつかずパラパラになってより使いやすくなります。タッパーなら軽く振りましょう。

長ネギ、青ネギ、九条ネギ…ネギの種類は問いません。なにネギでも冷凍保存できます。

ぜひお試しあれ。

お腹空いた・・・食べたい・・・でも我慢・・・そんな貴方におすすめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク