鼻が目立つ人は前髪なし一択

前髪をつくるかつくらないか毎回悩みどころですよね。前髪を作ると、前髪を伸ばしたくなるし、逆に前髪が伸びた頃にやっぱり前髪ありの方が可愛いような・・・と切りたくなったりするものです。

前髪を作った後に後悔して前髪をまた伸ばし始めるというループは女子あるあるですが、前髪ありなしは鼻の大きさで選ぶと美人見えすることに気がついたので、今回記事にしました!

スポンサーリンク

鼻が大きい、特徴的な人は前髪なしが良い

若く見られたいなら前髪ありが良いとか、大人っぽく見られたいなら前髪なしとか、面長だったら前髪あり、丸顔だったら前髪なしが似合うとか、顔の形や雰囲気で前髪有無を決めるのは有名です。

私は面長なのですが、一般的な基準では前髪ありの方が、顔の長さがカバーできて良いと言われがちです。でも本来なら似合うはずの面長の前髪ありヘアーは私の顔になんかしっくりこなかったんですよね。

そこで着目したのが、鼻の存在感。わたしはどちらかというと鼻が大きいのですが、前髪ありだと、なんだか鼻がより、大きく目立ってしまうことに気付きました。

そこで前髪のありなしを決める一つの基準として、私は「鼻の存在感」に視点をおくことうまく行くことがわかりました。鼻が大きかったり、広がっていたり、目立つ人は前髪なしの方が断然美人に見えます。

有名な女優さんやモデルもこの法則が当てはまります。女優の永野芽郁さんとか柴咲コウさんとか元々美人ですが、鼻の存在感が高め。やっぱりそういう人は前髪なしの方が、すっきりしてより美人に見えます。

逆に鼻が小さいとか、そんなに目立たない人は、前髪の有無は顔の形や、なりたい印象で選んでOKです。

前髪があると鼻に目線が行きがち

前髪を作ると、おでこが隠れるので顔のおでこの下以降の部分が、より目立つようになります。そのため、鼻の大きい人が前髪を作ってしまうと、他人の目線が鼻に行きがちです。別にすごく変な形の鼻ではないのに、顔の印象が「鼻の人」みたいになります。

鼻の大きい人は前髪をなくすと、おでこや眉毛が見えるので、その鼻に目線が集中することがなくなるので、顔全体がすっきり見えます。

鼻の目立ち度を前髪づくりの基準に

いままで、前髪を作るか否かの基準で鼻の大きさというのは語られてこなかったのですが、結構大事です。

よく昔から、「美人の忘れ鼻」と言われますよね。美人の鼻は忘れられるほどに印象が薄いという意味ですが、やっぱり鼻の存在感は少ない方が美人に見られやすいものです。

鼻が大きめの人は前髪はなしの髪型のほうが鼻が目立たなくて美人見えしやすいのでお試しあれ☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク